メンヘラ日記・脱引きこもり。

メルヘン

大好きなマイケル・ジャクソンのこと。(名言集&好きな曲ランキングあります)

投稿日:

こんばんは。メンヘラ女です!


精神科・心療内科ランキング


引きこもり日記ランキング


脱・引きこもり日記ランキング


メンヘラ日記ランキング

 

 

今マイケルの曲を聞いていて、いつも通りサイコーに乗れて、サイコーにキラキラしていて、ドキドキさせてくれて、喜びにあふれていて。

でもふと、切なくなったんです。

なんて人生だろう。

なんて人生だったんだろう、って。

そこで今夜は、何度も書き直すと思いますが、永遠に完成しないとも思いますが、大大大好きなマイケル・ジャクソンについて書いてみようと思います!(無謀)

マイケルとの出会い

人それぞれマイケルとの出会いがあると思いますが、私の場合は、小学校で歌を習ったんです。手話の振り付け付きで。

その曲がHeal the Worldでした。今でも大好きな曲1位を争います。

マイケルを一言で言うと、両極端のものが一人の中に、ひとつの存在の中に成立している、っていうことだと思います。

貧しさと成功。

賛辞と批判。

シャイとフェイム。

孤独と群衆。

天使と狂人。

優しさと強さ。

黒人と白人。

男と女。

大人と子供。

活力と病魔。

遊園地と墓場。

要するに莫大な矛盾を抱えた存在で、だからこそ辛そうで。

私辛そうな人って好きなんですね。苦しんでいるって戦っていることだと思うから。

最初は、というか今もですが、あの圧倒的な歌とダンスのパフォーマンスに惹かれましたが、今でもマイケルの事を考え出すと過熱してしまうのは、この

巨大な矛盾、という理由だと思います。

マイケルの発言集。

<マイケル・ジャクソンの生活について>

マイケル・ジャクソンを見た途端、誰もが冷静さを失ってしまう

「ひとたび(ネバーランドの)外へ出ると、すべてが仕事になってしまう」

「自室ではマネキンに囲まれて過ごしている。マネキンが孤独を癒してくれるような気がするから」

「僕の友達になってくれませんか?」(スリラーで人気絶頂だった頃、見知らぬ人々にかけていた言葉)

ありのままの自分を愛してくれる人、欲しかったのはそれだけだ

マイケルが「普通」がどんなものかを理解するためよく落書きを読むという話について
「普通がなかなか見つからなかったんだ。僕は普通の生活をしたことがないから」

「スーパーへ行ってカートに食べ物を入れてみたい」(スーパーで買い物をしようと試みたものの、皆からサインを求められ、場が騒然となった経験があることから)

「ホテルの外に何千人ものファンがいても、ホテルの室内ではしょっちゅう寂しくなる。ファンが黄色い声援を上げていても、涙が出てくる。
外には愛が溢れている。それでも身動きが取れず、心から孤独な気分になるんだ。外出もできないし」

<子供時代について>

「スタジオで歌う代わりに、少しでもいいから野球をやりたいって心から思ったこともあったよ。子供たちと一緒に楽しみたかったんだ。でも、無理だったのさ。僕にはできなかったんだよ」

「僕はただ遊びたかったんだ。友達を家に招いてみたかった。パジャマ・パーティや誕生パーティを開いてみたかったのさ。そういった経験は、一切できなかったからね。僕たちには、クリスマスすらなかったんだ」

<子供たちへの思いについて>

「以前も言ったけれど、もう一度言わせてもらうよ。子供たちがいなかったら、僕はタオルを投げていただろう。どうでもいいやって、ヤケクソになっていただろうね。これが本心だよ。生きる意味すらないような気分になると思う」

「僕がやることのすべては、子供たちのためなんだ」

「彼らは僕のことを知らない。すべては嘘だったんだ。子供たちを傷つけるくらいなら、自分の手首をかき切るよ」

<パフォーマンスについて>

「パフォーマンスは仕事だとは思っていない。」

「常に頭で考えているパフォーマーは、最善の方法でアートに取り組んでいない。頭で拍子を取っているかどうか、ダンサーを見ればわかる。音楽とダンスで肝要なのはフィーリングであり、楽器と一体になることが大切なんだ」

「感じなくちゃいけないのさ。ベースになり、ドラムになる。ギターになり、ストリングスになるんだ」

<マイケルの気持ち>

「マイケルは自分が常に批判の矢面に立たされる理由が分からない、と語った。人に多くを与えることに心血を注いできたのに、非常な仕打ちしか返ってこないのが辛い。人々を喜ばせ、皆に辛い現実を忘れさせてあげたい、と思っているだけなのに、どうしてここまで辛く当たられるのかがわからない。これがマイケルの心情だった。
『皆の人生を少しでも明るくしたいと思う人間を、なぜ傷つけるんだい?僕には理解できないよ』

「他人を批判するべきじゃないと思う。ニュースで誰かの写真を見て、『こいつは嫌いだ!』なんて、よく言えたものだと思う」

僕は狂人じゃない。すごく賢いよ。馬鹿だったら、ここまで成功できないからね

(「大人になりたい?」という質問に対し)
「なりたくない。僕はピーターパンなのさ」
「でも君は、マイケル・ジャクソンじゃないか!」
「僕の心は、ピーターパンなんだ。」

(アフロダイテ・ジョーンズ著「マイケル・ジャクソン裁判」より引用)

桁が違う。

マイケル・ジャクソン。

なぜマイケルとなると、人は我を忘れてしまうのでしょうか?

やってはいけないことを、平気でやってしまうのでしょうか。

今でもマイケルをネタにした笑いは人気があるし、生前は信じられないほどひどいバッシングを受け続けていました。

私がまたマイケルに惹かれる理由がそこにあって、あのバッシングに耐えて事故で亡くなるまで生きた、という点が、私にはマイケルの胸に光る勲章のようにどんな賞よりも輝いて見えるのです。

歌とダンスのすごさについては、言うだけ野暮でしょう。

見て、感じるのが一番いいと思う。

ここで好きな曲ランキングベスト5を書きますが、これもいつも変動するので、今夜の、にしておきます。

マイケル・ジャクソンの好きな曲ランキング、ベスト5。

第5位。Hold My Handです。

マイケルの死後公開された作品で、マイケルへの愛に溢れています。
美しいメロディでそこも好き。
MV(マイケルの場合PVではなくミュージックビデオ、ですよね)もときめけてまた好き。

第4位。Love Never Felt So Good。

こちらもマイケルの死後公開された曲。
マイケルの曲って常に新作が一番素晴らしくて。それが一流の証拠だって思うんですが。
あのジャスティン・ティンバーレイクと共演。
生前にそんな話があったならなあ…と思わずにいられない。
超ハッピーな恋の曲で、そこも好きです。
ときめける。ふわふわする。

第3位。SMILEです。


正確にはマイケルの曲じゃなくてチャップリンの曲ですが、とろけるように好き。
マイケルバージョンしか聞いたことがありません。
マイケルはハードなナンバーとバラードと歌い分けが出来ますが、そのバラードの歌い方が秀逸な曲。

第2位。Black Or Whiteです。


言わずもがななこの曲。
遊園地みたいに楽しい。
何度見ても見飽きません。
途中のラップのメッセージ色の強さにびっくり。

第1位。Man in the mirror。


どんな時でも私を励ましてくれるこの曲。
涙が出そうになる時さえも。
是非歌詞の日本語訳も見て見てください。
そうしていつも思います。

マイケルのように生きたい。

有名になりたいわけじゃなくて、
自分を貫ける人でありたい。
常に自分を高めようとする人でありたい。
人を許せる人でありたい。
夢を諦めない人でありたい。
闘い続ける人でありたい。
そうして努力で、夢を現実に出来る人になりたい。

番外編としてHeal The Worldも載せておきますね。

世論って何?

私はマイケルを思う時、いつも世論というものについて考えます。
世論が差別を作りだす、こともある
世論っていったい何なのか。
正体を掴みたくて、本も探しました。

リップマンの世論。

アウトサイダー。

メディアについても。

でも、答えが見つからない。

自分も少なからず苦しんできた、少数派(マイノリティ)という立場で、多数派(マジョリティ)の傲慢さには嫌気がさす。
自分は永遠に少数派にはならない、と思っているかのようです。
そしていじめや、差別や、炎上は繰り返し続ける。

まとめ

やっぱりうまく書けませんでした。
でも、あなたも1度考えて欲しいんです。
マイケル・ジャクソンを生きるという事について。
それがどれほどの苦しみか。

私は、マイケルは神様がこの世に遣わしたアーティストだと思っています。
でも、マイケルを神格化するファンは好きじゃないんですね。
意見が極端になる事をもう恐れるんです。
何かが起こりそうな気がして。

最後にマイケル関連のオススメグッズ載せて、今夜は終わります。
また遊びにいらしてください。


精神科・心療内科ランキング


引きこもり日記ランキング


脱・引きこもり日記ランキング


メンヘラ日記ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

-メルヘン
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【リベンジ】再!マシュマロクッキー作ってみた【今度は成功?】

こんばんは。メンヘラ女です。 前回失敗したマシュマロクッキーを再び作ってみましたので、よろしかったらお付き合いください。 よく見るこちらのマシュマロを使いました。 (ドラッグストアにありました!) ナ …

今まで作ったお菓子を表にまとめてみました。

お菓子・デザートランキング お菓子の名前 数 クッキー、ビスケット 84 パウンドケーキ 20 ケーキ(スポンジ) 20 チョコレートケーキ(ガトーショコラ) 13 ゼリー 13 プリン 12 チーズ …

入院中の思い出話。(ネタ帳公開!)

メンタルヘルスランキング 懐かしいもの達。恥ずかしいもの達。 今片付けをしていたら、入院中にもらった、または書いたけれど出しそびれた、手紙がたくさん出て来ました。 写真に撮ってUPしようと思ったんです …

【手作りジャム】今まで作ったジャムの画像上げてみる【まとめ】

こんばんは。メンヘラ女です。 今まで作ったジャムの画像と、味の感想を書いていきたいと思います。 よろしくお付き合いください。 1.大石プラムジャム 皮の赤色がそのままジャムになったような大石プラムジャ …

【初夏の味】大石プラムジャム作ってみた【手作りジャム】

初夏です。 こんばんは、メンヘラ女です。 今日は初夏のフルーツ、「プラムで生まれて初めて」ジャムを作ってみた話です。 よろしかったらお付き合いください。 作ってみよう 材料 <材料の目安> ・大石プラ …

プロフィール

メンヘラ女と言います。
メンタルヘルス歴17年の37歳。
不幸自慢は苦手で、治したいと闘う病友に共感する。

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。